安全の基準や注意点

市販のドッグフードであればなんでもいいやと飼い犬に与えていたら体を壊したり、アレルギー反応を起こしてしまったりする場合があります。市販のドッグフードは玉石混交と言えます。例えば、ドッグフードに含まれている添加物には酸化防止剤、着色料、湿潤調整剤、増粘多糖類などがあり、特に安く売られているドッグフードにはこれらの添加物が使われている可能性が高いです。

安全なドッグフードを選ぶために、犬の5大栄養素を知っておくことが重要です。良質な動物性タンパク質、水分ミネラル、炭水化物、脂質に5つの栄養素に気をつけてドッグフードを選びましょう。また、意外と見落としがちなのが犬のアレルギーへの配慮です。アレルギー源となりやすい小麦、大豆、乳製品、牛肉などの成分に気を付けて製品を選ぶようにしましょう。

その点で無添加のドッグフードは5大栄養素をちゃんと意識されているものが多く、さらにアレルギー源となりやすいものの使用を避けているものが多いため安心です。人工添加物が使われていない、自然素材で作られた栄養素を吸収しやすいような形で摂取できるように工夫された無添加のドッグフードを選ぶことは飼い犬の健康リスクを減らしますし、免疫力を上げ、犬の健康を維持する上で大切なポイントであると言えます。

関連HP≪アランズ – 無添加ドッグフード通販≫

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

Categories: 未分類