カテゴリー: 未分類

安全の基準や注意点

市販のドッグフードであればなんでもいいやと飼い犬に与えていたら体を壊したり、アレルギー反応を起こしてしまったりする場合があります。市販のドッグフードは玉石混交と言えます。例えば、ドッグフードに含まれている添加物には酸化防止剤、着色料、湿潤調整剤、増粘多糖類などがあり、特に安く売られているドッグフードにはこれらの添加物が使われている可能性が高いです。

安全なドッグフードを選ぶために、犬の5大栄養素を知っておくことが重要です。良質な動物性タンパク質、水分ミネラル、炭水化物、脂質に5つの栄養素に気をつけてドッグフードを選びましょう。また、意外と見落としがちなのが犬のアレルギーへの配慮です。アレルギー源となりやすい小麦、大豆、乳製品、牛肉などの成分に気を付けて製品を選ぶようにしましょう。

その点で無添加のドッグフードは5大栄養素をちゃんと意識されているものが多く、さらにアレルギー源となりやすいものの使用を避けているものが多いため安心です。人工添加物が使われていない、自然素材で作られた栄養素を吸収しやすいような形で摂取できるように工夫された無添加のドッグフードを選ぶことは飼い犬の健康リスクを減らしますし、免疫力を上げ、犬の健康を維持する上で大切なポイントであると言えます。

関連HP≪アランズ – 無添加ドッグフード通販≫

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

Categories: 未分類

無添加のものを選ぼう

犬のサイズやライフステージついて理解し、いざドッグフードを買いにホームセンターなどへ出かけても、ドッグフードの種類はたくさんあり、どれを選んでいいのか基準がわからず結局安いという理由だけでドッグフードを選んでしまうなんてこともあります。確かに頻繁に買うものなので価格の安さは魅力の一つではあるのですが、ご自身の飼われている犬に少しでも健康で長く生きて欲しいと願うものです。人間の健康に食事がとても重要な役割を果たすように、犬の食事に関してもどのドッグフードを選ぶかで、ご自身の飼われている犬の健康状態などを大きく左右することが多いのです。

犬の健康を気にしたドッグフード選びをする際、無添加というキーワードを気にして選ばれるといいかもしれません。市販のドッグフードの多くには様々な添加物が入っています。保存料など、商品を長く保つためには仕方の無いものもありますが、毎日の食事ですのでなるべく体に害の少ないものを選んであげたいものです。ひとつのわかりやすい基準で言いますと、人間が食べても大丈夫かどうかということです。人間が食べても大丈夫なドッグフードであれば犬にとっては安全に食することができるものであると言えます。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

Categories: 未分類

選ぶポイント

ドッグフードを選ぼうというとき、まず基準にすべきポイントが2つあります。それは飼われている犬のサイズ、そして犬のライフステージです。犬のサイズとしては大型犬、中型犬、超小型・小型犬という3種類に分類することができます。そもそもドッグフードは犬のサイズによって種類分けされており、飼い主は犬のサイズに応じてドッグフードを選ぶ必要があります。なぜなら犬のサイズによって一日に必要なカロリーや栄養素が違うので、ドッグフードもそれに応じて種類を分けているからです。超小型犬に大型犬用のドッグフードを与えていたなんてことが無いように、これからドッグフードの購入を考えている方は、ご自身が飼われている犬のサイズについて、どの種類に当てはまるのかをしっかりと確認しておくことが大切です。

犬のサイズの大まかな目安としては40Kgを超える場合は超大型犬、25から40Kg程度だと大型犬、10から25Kg程度であれば中型犬、そして2から3Kg程度が超小型犬という風に考えて頂ければ大丈夫です。また、犬はそのライフステージによって必要なカロリー量も変わるため生後6ヶ月までの子犬、1歳から7歳前後の成犬、7歳以上の老犬といったような種類で分けて、ライフステージごとにドッグフード選びも変わるということを覚えておいて下さい。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

Categories: 未分類

ドッグフード選び

これから犬を飼いたいと考えているけど、ドッグフードは何を選んでいいのか全くわからないし、犬の健康にとってとても大事な部分であるために不安だと感じている方もいらっしゃると思います。すでに犬を飼われている場合でも、ホームセンターなどで売っている激安ドッグフードを特にこだわり無く、価格の安さだけを理由に選び続けているという方も多いのではないでしょうか。ドッグフードは犬の健康を考えるととても重要です。人間の健康に食生活が大きく影響するのと同じように犬のメインの食事となることの多いドッグフードは犬の体に優しいものを選んであげたいものです。

選び方の基準もいくつかあります。まずは犬の体型、体格などを考えて選んであげることが大切です。体格によって必要になるカロリー数は変わってきます。また、犬のライフステージなどもドッグフード選びにおいて無視できない重要なポイントです。

また、最近では無添加のドッグフードを選ぶという方が増えています。海外などではそういった選び方は以前よりされていましたが、近年日本でも無添加ドッグフードは人気が高く、国産のものでも良質なものが増えています。私達がよくホームセンターやドラッグストアで目にするドッグフードの中には健康に害を与える可能性の高いたくさんの添加物が含まれていることが多いのです。

当サイトではこれからドッグフードを選ぶ方や、ドッグフード選びに不安を感じている方などに向けて役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

Categories: 未分類